愛犬のドッグフード

ペットブームも今や定着してきた感があります。犬を室内で飼うスタイルも当たり前になってきました。都会のマンション暮らしの人でも、犬を飼うことが可能になったのです。そのように犬を飼う人が増えるにつれ、家族の一員のようにペットを可愛がる人が増えてきました。そうなると、昔のように何でもいいから餌を与えておけばよいとの考え方は減り、健康に配慮したスペシャルなフードを与えたいと思う人がほとんどになりました。

ペットフード業界も競争が激しくなり、既存の大手企業に加え、個人経営の小規模体制の会社も参戦するようになりました。そうした会社が、消費者が求めるようなプレミアムなフードを取り扱うようになってきたのです。そのようにしてドッグフードはより差別化されていきます。病気などの症状に配慮した医療食フード、犬種別に配合されたものや、また、人間の食事と同じく安心安全なものを求める傾向にあるため、ナチュラルなオーガニックフードなどの原料を厳選したものや、人工着色料や保存料などが無添加のものなど、各社こぞって様々な商品を開発するようになりました。

犬を飼っている人なら、愛犬が健康に長生きしてくれることが何よりの願いですので、よいドッグフードがあると聞けば、少々価格が高くても我が犬に与えたいと思うでしょう。しかし、単に価格の高いプレミアムフードだからといって、内容もよく分からずに買うのはよくありません。愛犬の体調管理のために、どのようなドッグフードを与えたらよいかを一緒に考えてみましょう。